女性のお悩み子宮頸がん検診とワクチン

  • 子宮頸がんとは?
  • 子宮頸がんを
    検診とワクチンで予防

子宮頸がんとは?

すべての女性に子宮頸がんワクチンを

一般的に「がん」というと、50代以上の年配の方に多く発症するというイメージがあります。しかし、「子宮頸がん」は若い女性の発症が多く、誰にでもかかる可能性がある感染症の一種です。
20代後半から30代に急増しており、女性全体で発症率2位、30代女性では発症率1位のがんとなっています。

HPV(ヒトパピローマウイルス)とは

子宮の構造と女性性器がんの種類

子宮頸がんは子宮の入口近く(子宮頸部)にできる女性特有のがんで、原因はほぼ100%「発がん性ヒトパピローマウイルス(HPV)」の持続感染です。

HPVは、約80%の女性が一生涯のうちに一度は感染するありふれたウイルスで、主に性交渉で感染します。家族歴や遺伝に関係なく、性行動がある人は誰でも感染・発症の可能性があります。

HPVの感染はほとんどの場合は一過性で、多くは自分の免疫機能で自然に体外に排除されますが、一部で感染が持続的なものとなって、前がん病変(がんになる前の段階)を経て子宮頸がんへと進展していきます。

子宮頸がんになると…

日本における20縲鰀39歳の女性10万人当たりの各種がんの発症率推移
国立がんセンターがん対策情報センター、人口動態統計
(厚生労働大臣官房統計情報部)

子宮頸がんは、初期の段階では痛みや出血といった自覚症状がほとんどなく、症状が出て検査した時には、症状が既に進行してしまっていたということも少なくありません。

子宮頸がんのごく初期の段階であれば、子宮頸部の一部を切除するだけで治療できますが、進行した病状の場合、子宮全体や子宮のまわりの臓器を摘出しなければならないことも多くなり、そうなると子どもが産めなくなるばかりか、重い後遺症が残ることもあります。

進行によっては、命を脅かす危険性もあります。日本では毎年およそ10,000人が子宮頸がんと診断され、年間およそ3,000人の女性がこの病気で亡くなっています。

子宮頸がんを検診とワクチンで予防

すべての女性に子宮頸がんワクチンを

ウイルスによる感染症である子宮頸がんは、検診とワクチンで予防できる唯一のがんです。子宮頸がん予防ワクチンは世界100カ国以上での使用実績があります。そして、日本では2009年の9月に承認され、同年の12月から接種できるようになりました。

子宮頸がん予防ワクチンについて

子宮頸がん予防ワクチンは、「HPVワクチン」と呼ばれています。子宮頸がんの原因として最も多く見られるHPV16型と18型と呼ばれるタイプのウイルスの感染を予防するワクチンです。
ウイルスの感染を防ぐもので、すでに感染しているウイルスを取りのぞくものではありません。また過去にウイルスに感染した場合でも、未感染の人と同様にワクチン接種により十分な免疫を獲得でき、高い予防効果が期待できます。

定期的な検診を

ワクチンには2種類ありますが、確実な予防効果を期待するためには、同じ種類のものを3回受ける必要があります。また、ワクチンは一般の医療機関で接種が可能です。
ワクチンですべてのタイプのHPVが予防できるわけではないので、ワクチン接種をした後も、定期的に検診を受ける必要があります。

何歳で接種するか

もっとも接種が推奨されるのは、性交経験前の年代である10~14歳ですが、性交経験後でもワクチンの効果は充分にあり、45歳までは接種が推奨されています。
2013年4月より、小学校6年生(12歳相当)~高校1年生(16歳相当)の女児に対しては、定期接種となっています。

公費助成対象年齢以外の方が接種を受ける場合は、全額自己負担となります。

医療機関によって金額に違いがありますので、詳しくは各医療機関にご確認ください。

子宮頸がん予防ワクチンを接種する場合には、厚生労働省「ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん予防ワクチン)」のページをご参照ください
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou28/別ウィンドウで開きます

HPVワクチンの副反応はこちら

子宮頸がんの基礎知識

すべての女性のための子宮頸がん情報サイト

子宮頸がんの症状や原因、予防法などをご紹介します。

allwomen.jp別ウィンドウで開きます