予防接種ってなあに?ワクチン接種にメリットはあるのですか?

副反応の恐ろしさは報道されますが、ワクチンを受けることの意義は伝わりにくい

病気にかからないというメリットは実感しにくいのに反し、副反応はわかりやすく、時にメディアが被害として報道するため、ワクチンのリスク面が強調される傾向にあります。この傾向は日本のみならず、海外先進国でも同様です。また、「必要のないもの」「感染症はかかって当たり前」という考えも根強く残っています。そして、欧米諸国に比べて定期接種の種類や回数が少ないため、多くの人がVPD被害にあっているのが現状です。さらには、他の国では消滅した感染症が大流行し、病気の輸出国になってしまうようなケースまであるのです。

発症や重症化、後遺症で苦しまないために

ワクチンは、発症すると治療が難しかったり、重い後遺症を残したり、さらには命にかかわる病気だからこそ作られているものです。ワクチン接種を受けないで病気にかかってしまった場合の危険性を考えてみましょう。「あの時、ワクチンさえ接種しておけば…」と、後悔しないようにしたいものです。

ワクチン接種は恐いものではありません

ワクチンはもともと、安全性を考慮してつくられています。ワクチン接種による副反応の可能性もありますが、その確率は低く、接種後に認められる症状は、たまたまその時期に起こった他の原因による症状である場合も多いのです。ワクチン接種を受けることによって得られる疾患予防のベネフィットは、接種後に起こりうる副反応の可能性のデメリットを大きく上回ります。

子どもの複数同時接種も躊躇しないで!

乳幼児のワクチン接種は、近年種類が急激に増え、一度にいくつもの予防接種を受ける同時接種が推奨されています。「小さな体に負担をかけるのでは?」と躊躇される保護者も多いのですが、同時接種は一度に多くのVPDから守るための効率の良い方法。同時接種の安全性は世界各国で証明されており、日本小児科学会も、「複数のワクチン(生ワクチンを含む)を同時に接種して、それぞれのワクチンの有害事象、副反応の頻度が上がることはない。」と安全性についてのコメントを述べています。日本では接種年齢に達していれば、ワクチンの組み合わせと接種本数に制限はありません。受けずに起こる不幸を思えば、積極的に検討していく必要があるものなのです。

同時接種については、医師に相談してください。

同時接種に不安を抱えている方へ

同時接種についてご紹介します。

同時接種について

類似している情報を見る

予防接種ってなあに?

ワクチンで防げる病気について教えて!

詳細を見る

カテゴリ別で情報を探す

  • 予防接種って
    なあに?
  • 予防接種の
    心配事
  • 予防接種
    スケジュール
  • 定期接種と
    任意接種
  • 海外に行く前に

ワクチンって何のために打つの?

詳細を見る

ワクチンの種類ってどんなものがあるの?

詳細を見る

予防接種って何?

詳細を見る

日本で受けられるワクチンって海外に比べて少ないの?

詳細を見る

未接種のワクチンがあるかもしれない…

詳細を見る

ワクチンで防げる病気について教えて!

詳細を見る

ワクチン接種にメリットはあるのですか?

詳細を見る

ワクチンの副作用(副反応)が心配…

詳細を見る

ワクチン接種の健康被害が起きてしまったら?

詳細を見る

予防接種を受ける前は何か準備が必要?

詳細を見る

予防接種を受けられない場合はどんな時?

詳細を見る

予防接種を受けた後はどうすればいいの?

詳細を見る

予防接種の基本ルールは?

詳細を見る

どうやってワクチンのスケジュールを立てたらいいの?

詳細を見る

初めてのワクチン接種の心構え

詳細を見る

定期接種と任意接種の違いって?

詳細を見る

任意接種を受けた場合と受けない場合、経済的な負担はどう違う?

詳細を見る

海外に行く時必要な予防接種は?

詳細を見る

ワクチン大辞典へ戻る