予防接種ってなあに?日本で受けられるワクチンって海外に比べて少ないの?

特殊なワクチンを除き、海外と日本で差はありません。
子どもも大人も感染症予防の可能性が広がっています。

かつては海外先進国で一般的に使用されているワクチンが日本では受けられず、ワクチンギャップとして問題にされていましたが、ここ10年間で開発が急に進んだため、現在ではほぼ差はないと考えてください。感染症自体は数えきれないほどありますが、日本で受けられるワクチンが増えたことで、ワクチンで防げる病気も増えてきています。このワクチンで防げる病気のことをVPD(Vaccine Preventable Disease)といいます。

混合ワクチンの開発は遅れている

日本で受けられるワクチンの種類は海外と変わらないものの、海外では混合ワクチンが普及しており、より少ない接種回数で接種を終わらせることができます。日本では現在、開発が進んでいます。

類似している情報を見る

予防接種ってなあに?

未接種のワクチンがあるかもしれない…

詳細を見る

カテゴリ別で情報を探す

  • 予防接種って
    なあに?
  • 予防接種の
    心配事
  • 予防接種
    スケジュール
  • 定期接種と
    任意接種
  • 海外に行く前に

ワクチンって何のために打つの?

詳細を見る

ワクチンの種類ってどんなものがあるの?

詳細を見る

予防接種って何?

詳細を見る

日本で受けられるワクチンって海外に比べて少ないの?

詳細を見る

未接種のワクチンがあるかもしれない…

詳細を見る

ワクチンで防げる病気について教えて!

詳細を見る

ワクチン接種にメリットはあるのですか?

詳細を見る

ワクチンの副作用(副反応)が心配…

詳細を見る

ワクチン接種の健康被害が起きてしまったら?

詳細を見る

予防接種を受ける前は何か準備が必要?

詳細を見る

予防接種を受けられない場合はどんな時?

詳細を見る

予防接種を受けた後はどうすればいいの?

詳細を見る

予防接種の基本ルールは?

詳細を見る

どうやってワクチンのスケジュールを立てたらいいの?

詳細を見る

初めてのワクチン接種の心構え

詳細を見る

定期接種と任意接種の違いって?

詳細を見る

任意接種を受けた場合と受けない場合、経済的な負担はどう違う?

詳細を見る

海外に行く時必要な予防接種は?

詳細を見る

ワクチン大辞典へ戻る