予防接種の心配事ワクチン接種の健康被害が起きてしまったら?

もしもの場合に備えた補償制度があります。

人の健康や命は何物にも代えられるものではありませんが、救済措置があることも知っておきましょう。

  1. 1.ワクチン接種の健康被害に備えて、国やワクチンを製造しているメーカーが金銭による補償制度を設けています。
  2. 2.ワクチンは法律によって「定期接種」と「任意接種」に分けられ、補償の内容も異なります。

補償の概要

  定期接種 任意接種※
定義 予防接種法で定められており、国や自治体が接種を勧奨しているもの。
例:ポリオ、麻しん、風しん、ジフテリア、B型肝炎などのワクチン
  1. 1.定期接種以外で、日本で接種できるもの。
    例:おたふくかぜ、インフルエンザ、ロタウイルスなどのワクチン
  2. 2.定期接種でも法律で定められた期間外で接種する場合。
補償の考え方 「予防接種で起こったものではない」と明確に「否定」できないかぎり適応される。
具体的な補償金額
例:死亡時
約4,000万円 約700万円
給付金の出所 国(国民の税金から支払われる) ワクチン製造メーカーの拠出金
管轄の法律 予防接種法 独立行政法人医薬品医療機総合機構法

※要注意!まったく補償のないワクチンもあります

安全性が確認され海外で広く使用されていても、日本では未承認のワクチンがあります。国内未承認のワクチンでも、医療機関が一定の要件を満たして輸入すれば、接種することができますが、国内未承認のワクチンで万が一健康被害が起きた場合は、予防接種法も独立行政法人医薬品医療機総合機構法も適応されません。
ワクチンによっては輸入業者が保険を設定している場合もありますが、現実には救済制度はないと考えておいたほうがいいでしょう。

同時接種に不安を抱えている方へ

同時接種についてご紹介します。

同時接種について

類似している情報を見る

予防接種の心配事

予防接種を受けられない場合はどんな時?

詳細を見る

定期接種と任意接種

定期接種と任意接種の違いって?

詳細を見る

カテゴリ別で情報を探す

  • 予防接種って
    なあに?
  • 予防接種の
    心配事
  • 予防接種
    スケジュール
  • 定期接種と
    任意接種
  • 海外に行く前に

ワクチンって何のために打つの?

詳細を見る

ワクチンの種類ってどんなものがあるの?

詳細を見る

予防接種って何?

詳細を見る

日本で受けられるワクチンって海外に比べて少ないの?

詳細を見る

未接種のワクチンがあるかもしれない…

詳細を見る

ワクチンで防げる病気について教えて!

詳細を見る

ワクチン接種にメリットはあるのですか?

詳細を見る

ワクチンの副作用(副反応)が心配…

詳細を見る

ワクチン接種の健康被害が起きてしまったら?

詳細を見る

予防接種を受ける前は何か準備が必要?

詳細を見る

予防接種を受けられない場合はどんな時?

詳細を見る

予防接種を受けた後はどうすればいいの?

詳細を見る

予防接種の基本ルールは?

詳細を見る

どうやってワクチンのスケジュールを立てたらいいの?

詳細を見る

初めてのワクチン接種の心構え

詳細を見る

定期接種と任意接種の違いって?

詳細を見る

任意接種を受けた場合と受けない場合、経済的な負担はどう違う?

詳細を見る

海外に行く時必要な予防接種は?

詳細を見る

ワクチン大辞典へ戻る